ROA(総資産利益率)を分かりやすく解説

ROA(総資産利益率)を分かりやすく解説
ROA(総資産利益率)って一体何!?という方に読んで欲しい記事

 

ROA(総資産利益率)は企業の収益力を分析する指標として良く使われています。
内容はROE(自己資本利益率)と似ていますが、両方覚えておいた方が良いと思います。

ROAの意味

 

ROAはReturn On Assetsの略称。
日本語訳にすると「総資産利益率」となり、会社が保有している資産をどれだけ有効に活用して利益を上げているかを示す指標です。
読み方は「あーるおーえー」です。

ROAは数値が高ければ高いほど良く、低ければ低いほど悪いです。

ROAは当期純利益を総資産で割って100を掛けることで出せます。

ROA(%) = 当期純利益 ÷ 総資産 × 100
ROA = 売上高純利益率 × 純資産回転率に分解もできます。

・売上高純利益率(%)=純利益÷売上高
・総資産回転率(回)=売上高÷総資産

ROEとROAの違いは↓の通りです。

ROAは総資産(自己資本+借金などの負債)を使ってどれだけ利益を生み出したかを示す指標
ROEは自己資本(株主から預かったお金)を使ってどれだけ利益を生み出したかを示す指標

総資産か自己資本かの違いですね。

ROAで投資判断

 

ROAは業種によって差があるので、同業種内で比較する使い方が良いと思います。

ヤフーファイナンスでROAのランキングを見ると、↓のようになります。

【高ROA銘柄】
高いROA銘柄

【低ROA銘柄】
低ROA銘柄

高ROA銘柄にはIT関連会社、低ROA銘柄にはバイオ関連会社が目立ちます。

個人的にはROAが10%以上の会社が投資対象として気になる事が多いです。

まとめ

 

・ROAは数値が高ければ高いほど良い
・ROAが経営効率の良い会社
・IT関連会社はROAが高く、バイオ関連会社はROAが低い傾向

ROE(自己資本利益率)を分かりやすく解説
EPS(1株当たり利益)を分かりやすく解説
PBR(株価純資産倍率)を分かりやすく解説
PER(株価収益率)を分かりやすく解説

twitterもフォローしてくれたら嬉しいです♪

☆★☆株姫おすすめの投資アプリ☆★☆

CTA-IMAGE 株式投資で成功するためには分析が必須!
【無料!】個人投資家のための投資管理アプリ「マイトレード」

・複雑な取引も自動で集計してチャートに表示
・複数の証券口座と自動連携、まとめて管理
・自動で株式取引を記録して分析、グラフ化してくれます。

投資用語カテゴリの最新記事