Zaif(ザイフ)がハッキング被害により、仮想通貨67億円消失

Zaif(ザイフ)がハッキング被害により、仮想通貨67億円消失

Zaif(ザイフ)がハッキング被害により、仮想通貨67億円消失

仮想通貨取引所の「Zaif(ザイフ)」を運営するテックビューロ株式会社が9月20日、不正アクセス等のハッキングにより仮想通貨67億円が消失したことを明らかにしました。

Zaif(ザイフ)は9月14日以降、「システム障害」で仮想通貨の一部の入出金などのサービスを停止していましたが、今になって思えばシステム障害では無かったという事ですね・・・



Zaif(ザイフ)の公式Twitterがあるので、経緯を見てみます。

Zaif(ザイフ)の公式Twitterのつぶやき↓

※ちなみに今回、ハッキング被害にあった通貨はビットコイン(BTC)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)の3種類。その内、9/17の時点で2種類の入出金が停止されていたのが分かります。

うえのつぶやきの後にはBCHも追加されたツイートをしています。

翌日のZaif(ザイフ)の公式Twitterのつぶやき↓

9/18には「お客様の資産の安全を確認いたしましたことをご報告いたします。」と明言していますね。



そして本日↓

リンクを辿ると↓のように書いてあります。(抜粋)

平成30年9月14日頃以降、弊社サービスにおいて、仮想通貨の入出金等の一部のサービスが稼働しておらず、お客様には大変なご迷惑をおかけしております。

弊社における調査の結果、入出金用ホットウォレットの一部が外部からの不正アクセスによりハッキング被害を受け、弊社が管理する仮想通貨のうちの一部が外部に不正流出させられたことが判明しました。
このような事態は、弊社を信頼して大切な資産をお預けになられている全てのお客様の信頼を裏切る結果となり、伏してお詫び申し上げる次第です。

当然のことながら、お客様の資産に被害が及ばないことは最優先の課題です。弊社は、上記被害発覚後、速やかに金融庁及び捜査当局への届出等を行い、併せて社内においても株式会社カイカを含めた第三者の尽力を得て原因の調査、顧客資産相当の財源確保に努めております。

平成30年9月14日17時頃から19時頃までの間、外部からの不正アクセスが行われ、当該ホットウォレットで管理している仮想通貨(BTC、MONA、BCH)が不正に送金されました。

害による損失の総額は、日本円で約67億円相当(MONA、BCHを含む)と思われます。

9/18には「お客様の資産の安全を確認いたしましたことをご報告いたします。」と明言していましたが、9/14の段階でハッキング被害にあっていた事が分かります。。

調査中って言っておけば良いのに、なんでわざわざ嘘をついたんだろう・・・

Zaif(ザイフ)の今後の対応は?

今後の対応についても記載がありました。

弊社は、株式会社フィスコデジタルアセットグループとの間で、弊社に対して50億円が提供されることを検討する内容とする基本契約を締結しました。
同社との間では、今月下旬には提供が実行されることを前提として準備・交渉を進めております。
その上で、弊社は、提供を受けた資金により、消失した仮想通貨を調達し、お客様の資産に被害が及ばないように準備を行う予定です。

フィスコのグループ会社から融資を受けて補償する事が書いてありますね。
とりあえずはユーザーの方は安心したのではないでしょうか?

コインチェックの時と比べると話題になっていないように感じます。

前から色々な問題があったZaifですが、今回ついにハッキング被害にあってしまいました・・・
破綻などは無さそうですが、今後の対応次第ではユーザー離れが深刻になりそうですね。



twitterもフォローしてくれたら嬉しいです♪

☆★☆株姫おすすめの投資アプリ☆★☆

CTA-IMAGE 株式投資で成功するためには分析が必須!
【無料!】個人投資家のための投資管理アプリ「マイトレード」

・複雑な取引も自動で集計してチャートに表示
・複数の証券口座と自動連携、まとめて管理
・自動で株式取引を記録して分析、グラフ化してくれます。

仮想通貨カテゴリの最新記事