過去には株価40倍を達成!ペッパーフードサービス(3053)の今後は?

過去には株価40倍を達成!ペッパーフードサービス(3053)の今後は?
過去には株価40倍以上も達成したペッパーフードサービス(3053)について調べてみました。今後はどう動く!?

 

ペッパーフードサービスといえば、「いきなり!ステーキ」「ペッパーランチ」などのレストランを展開している企業として有名ですよね。

一時は世間をにぎわせた不祥事の影響で赤字に陥り「継続企業の前提に関する疑義」が記載されるなど、倒産してしまうんじゃないか!?とさえ言われていました。

現在はいきなりステーキが好調でアメリカにも進出していますが、今後の株価はどうなるのでしょうか!?

結論から言ってしまいますが、私は「売り」だと思っています!!

ペッパーフードサービスの勢いが止まらない!

現在、「いきなり!ステーキ」が大当たりし、全国各地で出店が続いています。

2019年2月末日時点で、国内421店舗 海外11店舗を展開しています。
凄い出店攻勢ですね・・・

売上も「いきなり!ステーキ事業」で下記の通り2倍以上の伸びとなりました。

【2017年度】売上:27,005百万円
【2018年度】売上:54,131百万円

ペッパーフードサービス全体の売上が63,509百万円なので、
8割以上がいきなり!ステーキ事業によるものとなっています。

会社の成長=いきなり!ステーキの成長と言っても過言では無いと思います!

いきなり!ステーキの既存店売上に異変が

2018年度に関しては売上が伸びていた「いきなり!ステーキ」ですが、IR資料に載っている月次売上高の推移を読むとある異変に気が付きます。

いきなり!ステーキの月次売上高の推移
売上が前期比で100%を超えている月がありません・・・

既存店の売上が低い=リピーターが少ないといえます。
「肉マイレージ」を導入するなど、リピーター獲得の為の戦略を練ってはいますが、結果に結びついていない状況ですね。

私も過去に1回だけ行ったことがありますが、ランチで2,000円位と思ったよりお値段が高かったのでリピートしたことはありません。

新規出店でカバーをしていますが、これが止まった時には厳しい展開が予想されます。。

2019年度では、直営店が100店、FC加盟店が110店と合計で210店の出店を計画しています。
※2018年度は国内で202店の出店

まだ、勢いは続きそうですが5年後、10年後もこのペースで出店を増やせるとは思えません・・・

アメリカ市場にも進出しましたが、NYの11店舗は売上不振で7店舗を閉店、4店舗のうち2店舗はそのまま、残り2店舗はペッパーランチへの転換を検討したそうです。

将来はアメリカに1,000店舗を出店すると目標を掲げていましたが厳しいですね~

まとめ

冒頭でも書いた通り、投資判断としては「売り」で考えています。
一時期、8,000円を超えていた株価も2,500円程度まで落ちていますが、まだまだ下がるのではないかなと思っています。

ただ、信用取引の貸借倍率を見ると多くの方が売りだと思っているようなので、逆に踏み上げになる可能性もあります。
投資は自己責任でお願いしますね。

ペッパーフードサービスの株価がどうなったか、年末にでも振り返ろうかなと思います♪
忘れてたら教えてくださいw

twitterもフォローしてくれたら嬉しいです♪

☆★☆株姫おすすめの投資アプリ☆★☆

CTA-IMAGE 株式投資で成功するためには分析が必須!
【無料!】個人投資家のための投資管理アプリ「マイトレード」

・複雑な取引も自動で集計してチャートに表示
・複数の証券口座と自動連携、まとめて管理
・自動で株式取引を記録して分析、グラフ化してくれます。

企業調査カテゴリの最新記事